単品動画のビジネスモデルについて

広告サイトでビジネスを成功させよう
単品動画は、一本の動画がどの様に評価されるのかという非常にシンプルなものです。その為、動画の良し悪しが正当に評価されるというある意味厳しい世界でもあります。
したがって、単品動画を使ってビジネスを行う場合には、動画の良し悪しを武器にした非常にシンプルなビジネスモデルである必要があります。サイトビジネスの場合には良い動画が集まるようなサイトであれば非常に人気が出て成長するでしょうし、そうでなければ良いビジネスはできません。その為、多くみられるのが動画投稿サイトで閲覧者を募り、そのサイト上に広告を出稿させることで広告収入を募ったり、また動画販売サイトでは動画の売れ筋ランキングを作成して購買意欲を刺激したりといった手法がとられています。

単品動画の基本的な種類

光通信やLTE通信などの高速通信が広く一般に普及したことに伴って、大容量のファイルのやり取りを容易に行えるようになりました。そのため、近年ではソフトウェアのダウンロード購入や、高画質の動画配信サービスなどが一般的な事柄となり、世の中の多くの人が利用するようになったのです。
大手のレンタルDVD業者なども動画配信サービスに参入し、数百円という低料金で単品動画をレンタル配信しているます。
レンタル配信されている単品動画の種類は、映画やテレビドラマ、アニメ、海外ドラマなどが代表的なものとなっており、店舗でDVDをレンタルするのと同じような感覚で、動画をレンタルし、視聴することが可能となっているのが特徴的であると言えます。

ジャンルでわける単品動画

動画サイトで流れている主な作品は、映画で上映された洋画や邦画、テレビで放送されたドラマ、さらにアニメなどが中心になります。サイトによっては無料で見ることができるものもありますが、著作権に抵触するおそれがあるために、基本的には料金を支払って閲覧することが必要です。サイトを開くと、ジャンル別に分けられていることが多く、特にドラマやアニメは長くシリーズが続く場合は、ジャンルで一発検索をすることが便利です。映画については、シリーズものよりも単品動画が多いため、基本的には名称で検索することで探すことができます。インターネット上のサイトで見る利点は、DVD等を借りて返却する必要がないことが便利です。

単品動画の制作とは何か

単品動画を制作するに当たっては、ビデオカメラを使用して素材を撮るところから始まります。
単品動画を外部で撮る場合には1脚や3脚を使ってブレを防ぐように気をつけます。光線や明るさ調整の為に、レフ板、音声が不明瞭の時の為に外部マイクを用意して収録するようにします。対象を決めて撮った素材はパソコンに取り込んで各クリップの並び替えを行います。制作に当たってはデジタルカメラで撮った静止画像も時によっては活用することもあります。次にビデオ編集ソフトに備わったフィルターやオーバーレイ、トランジションなどの特殊効果を施します。
テキストによるタイトルやテロップも挿入します。その次には音楽効果を入れたり、バックグラウンドミュージックを挟んだり、ナレーションを吹き込んだりします。これができたら単品動画をテープやDVDに書き出します。