映像ストリーミングサイトのメリット

知識がない人でもインターネットで発信できる
ストリーミングサイトのメリットをご存知でしょうか。何気なく利用しているサービスですが、ちゃんとメリットがあります。ダウンロード配信と比べ、レスポンスが早いです。2006年頃まで、ウェブはダウンロード主体の環境でした。ウェブ上のあらゆる映像・音声・ソフトウェアはダウンロードによってPCに保存されていました。
現在はどうでしょうか。特に映像はストリーミングによって配信され、ダウンロードする頻度が低くなっています。これは配信形式が発達したためで、ダウンロードにかかる時間がカットされています。短時間で好きな動画を閲覧出来る、大きなメリットです。個人によるライブ配信が、現在ではよりシンプルに行えます。
現在、ITやネットワークの知識がない人もインターネットで発信できています。これはストリーミングサイトが増えたためです。個人による発信が容易になった事は、大きなメリットです。こういったメリットを理解・意識すると時間を有効に活用できます。ITの豆知識として覚えておいてください。

ストリーミング配信の動画の音声も圧縮

ストリーミング動画の音声は動画同様に圧縮されています。圧縮というのは、ファイルサイズを小さくするということです。通常の音のファイルには、人間には聞こえない音域も含まれています。そこも含めて不要な音域をカットすることで、ファイルサイズを10分の1以上に小さくすることが可能です。なぜサイズを小さくするのかというと、速度が遅い回線であっても普通に再生が出来るようにです。また、音声を圧縮すれば、その分、動画の画質を上げることが出来ます。動画配信サービスにおいて、動画はブラウザかOSに付属しているソフトウェアで見るというのが一般的ですが、どちらであっても、圧縮した音のファイルを再生することが出来ます。これをデコードと言います

ストリーミング配信の利点と欠点

ストリーミング方式は、サーバー上に保管されている動画データを視聴者が任意のタイミングで読み込んで再生する従来の方法とは異なり、リアルタイムコンテンツの配信に特化した技術として用いられる傾向があります。主に各種生放送や中継映像などを流したい場合に有効な技術で、ストリーミング方式はインターネット通信によるデータの受信と同時に再生を行う技術である為、最小限のタイムラグのみでリアルタイムの映像と音声を提供できる利点を持ちます。
しかし、ストリーミング配信の特性上からインターネット回線の速度が遅いと視聴に影響が出やすい他、端末や用いられる通信方式によってタイムラグの差が大きく、状況次第では切断などのトラブルを起こしやすい欠点もあります。

ストリーミング専用のサーバーの必要性

動画や音楽などのコンテンツをウェブサーバーを使用してストリーミング配信を行った際、利用者のネット環境などに対応することができないので、回線などによってはコンテンツの質などが低下してしまったりなど再生に影響が出てしまったり、途中で途切れてしまうと再度やり直す事になってしまう場合があります。そのため、動画などのコンテンツのストリーミング配信を行う際にはウェブサーバーよりも専門のサーバーが向いてます。ストリーミング専用のサーバーでは、利用者のネット環境などに合わせた配信を行うことができます。そのため、コンテンツの質などが低下してしまうなど再生にあまり影響を与えることなく、ストリーミング配信を行うことができます。

– ストリーミング情報 –
JEPA|日本電子出版協会 ストリーミングとは?
ストリーミングサーバに関するQ&A – Yahoo!知恵袋